×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポーツ手裏剣 各資格
●昇級規定●
★所定の実力に達すると以下の資格が授与されます。

★級審査を受験できる者は、協会会員に限る。
★級審査は、師範代以上の有資格指導員の元、各支部にて実施できる。
★飛び級をする場合、その前の項目を総てクリアしなければならない。
★審査期間は、半年以上の間隔をあけてから次へ進まなければならない。
★審査料、その他詳細については、細則による。

昇級科目一覧
資格
内    容
初 級 ・車手裏剣/2mの距離から、各種投げ(直、逆、座、寝、移動、その他)で
       正確に5枚、的(協会規定的)内へ
・棒手裏剣/1.5mの距離から、直打法で的内へ
・乱取り/
 ルールを理解して、おおまかに試合ができる(車剣)
中 級 ・車手裏剣/2mの距離から、5枚の手裏剣にて、各種投げ(直、逆、座、寝、
        移動、その他)で ビンゴをつくることができる
・棒手裏剣/
・2mの距離から直打法で的内へ
       ・1.5mの距離から、各種投げ(直、逆、座、寝、移動、その他)で
        5本中3本を的内に付けることができる
・乱取り / (車剣)同クラスと対戦し三勝以上・(棒)
 おおまかに試合ができる
・型 / 制定型
上 級 ・車手裏剣/3mの距離から、5枚の手裏剣にて、各種投げ(直、逆、座、寝、
        移動、その他)で ビンゴをつくることができる
・棒手裏剣/・2mの距離から、各種投げ(直、逆、座、寝、移動、その他)で
        5本中3本を的内に付けることができる
       ・3mの距離から直打法で的内へ
       ・3mの距離から、半回転投げ、全回転投げ、等
・乱取り / 合戦、複数戦、サバイバル戦、他武器との併用等の試合ができる
・型   /  制定型応用
2003,7,1施行 / 04,3・07,9部分改正 / 2010,2全面改正
●指導員資格規定●
指導員は以下に分類され、規定の実力に
達し所定の申請をすれば授与されます。
指導員規定
インストラクター 主に手裏剣の普及を目的とするための指導員で、普及指導員一日講習会を受講
するか、遠方で講習で講習に参加できない場合は、「支部開設スターターキット」
を購入することにより取得できる。
対戦試合(乱取り)、棒手裏剣、車剣とも、おおむねできれば可。(18歳以上)
師範代 スポーツ手裏剣「上級」の実力を有する者。(20歳以上)
師 範 スポーツ手裏剣「上級」の実力を有する者で、支部指導経験
1年以上の者
称 号 実績により、「錬士」、「教士」、「範士」、「皆伝師範」の称号が授与
される。